News Letter 14号から-6

(11p)

茂木弘道理事の記事(PDF)をアップしました

茂木弘道理事の記事を読む

News Letter 14号から-7

(12~15p)

ウェード・アリソン博士の記事(PDF)をアップしました

ウェード・アリソン博士の記事を見る

News Letter 14号から-8

(16~17p,20p編集後記)

高山三平氏寄稿(PDF)をアップしました

高山三平氏寄稿記事を読む

News Letter 14号から-9

(18p)

三浦小太郎氏寄稿(PDF)をアップしました

三浦小太郎氏寄稿を読む

News Letter 14号から-10

(19p)

ヘンリー・ストークス氏 コラム再録(PDF)を
アップしました

ヘンリー・ストークス氏のコラム再録を読む

「放射線の正しい知識を普及する会」NL発刊

ニュースレター第14号が完成

                第14号の表紙           

「放射線の正しい知識を普及する会」ニュースレターの第14号(A4サイズ20ページ)が完成しました。

 加瀬英明会長の「巻頭言」、山田宏参議院議員からの「議連メッセージ」につづいて、下記見出し一覧のような内容が本号の構成となっております。いつも貴重な知見をお寄せいただきお世話になっております大阪大学名誉教授の中村仁信氏、札幌医科大学教授の高田純氏、当会理事の茂木弘道氏、三浦小太郎氏に加え本号では当会の高山三平理事からも寄稿をいただきました。

 海外からも英国オックスフォード大学名誉教授であり放射線物理学博士のウェード・アリソン博士から「誤解の悲劇が続く福島第一原発事故」と題する特別寄稿をいただきました。事の重大さを改めて自覚させてくれる励みになる特別寄稿となっております。高山三平氏のご尽力で、このアリソン博士とYou Tube上で政策提言サイトを立ち上げご活躍の松田学氏とによるZoom対談が実現したしましたが、高山氏からはその顚末の解説もいただきました。
 海外からは当会の姉妹団体ともいえるSARI(Scientists for Accurate Radiation Information 放射線の正しい情報のための科学者の会)から福島原発事故10周年を機に「このままでは同じ悲劇がくり返される」と題した警告ともいえる声明をいただきました。
 また、かつてニューヨーク・タイムスの記者ヘンリー・ストークス氏が夕刊フジで「日本に流れる“放射能お化け”の幻想、厳しすぎる放射能基準値に疑問 」というコラムを掲載され(2015年3月26日付)、有益な情報なだけに当時本紙でも紹介させていただきましたが、ここに改めて再録いたしました。このコラムは「放射線の正しい知識を普及する会」(渡部昇一会長)と、超党派の「放射線の影響を科学的に検証する議員連盟」(平沼赳夫会長)の共催で「放射線の正しい知識を普及する研究会」(SAMRAI、有馬朗人大会会長)を結成し、前記ウェード・アリソン名誉教授らを招いて衆議院議員会館に300名を集めて盛大に開催されたもので盛り上がりをみせた講演会でした。
 
 14号完成にあたり、ご協力いただきました皆様に感謝し心より御礼申し上げます。貴重なご指摘とご意見を一人でも多くの人たちに読んでいただきたく、追って全文をネット上で紹介するリンクも貼っていく計画でございます。準備のできた記事から順次公開してゆきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。(編集スタッフ・安仲)


アリソン博士PDF4Pを見る

【7月8日】モハン・ドス博士をお招きして国際シンポジウム開催のご案内 / Welcoming Dr. Mohan Doss SRI-JHC Joint Symposium 2019

7月8日、モハン・ドス博士をお招きしての国際シンポジウム開催のご案内です。
以下の画像をクリックして頂くとPDFファイルが開きます。

0708_chirashi-1
0708_chirashi-2


English version(PDF)
0705_e_chirashi