原発事故から11年 寄稿(三浦小太郎)

 報道によれば、3月21日、日本政府は東京電力管内で電力不足の恐れがあるとして、「需給逼迫警報」を呼びかけている。3月16日の福島沖地震で停止した火力発電所の復旧が遅れている上、天候悪化による気温低下で電力需要が高まると予想され、大規模停電の恐れがあるためだ。政府と東電は本日3月22日朝からの節電を家庭や企業に要請。不要な照明を消し、暖房温度の設定を20度にするなどの協力を呼び掛けている。
 電力危機に際し、日本国民が共助のために節電に協力することは当然だ。しかし、それには日本政府もまた政府としての義務を果たすことが前提である。今日本政府が行うべきことは、原子力発電所の再稼働であり、その発電によって安定した電力供給を実現することだ。
 現在、日本政府は原子力発電を停止し、火力発電(本来は予備電源)を中心とした電力に依存している。3月16日に生じた停電は、東京電力管内に電気を送る火力発電事業者JERAの発表によれば、地震の影響で福島県広野町にある広野火力発電所の5号機と6号機が稼働を停止し(出力はいずれも60万キロワット)たことが原因の一つとされている。
 もちろん、これは仮定の話ではあるが、たとえば北陸に存在する柏崎原発が稼働していれば、このような事態は防ぐことが出来ただろう。原子力、火力、そのほか様々な発電所は皆必要な存在であり、安全管理、旧態依然の設備の改善などを行いながら、複合的な電気の安定供給を政府は責任をもって行わなければならないはずだ。
 自然エネルギ―の研究を私は否定するものではない。しかし、現在のところ伝記の安定供給を保証し得ない自然エネルギーよりも、高出力の原子力や火力が必要であることは明らかだ。しかも、ロシアのウクライナ侵略で化石燃料が高騰化する危険性もある。電力の安定かつ安価での供給は、病院で治療中の患者や医療従事者のためにも、コロナウイルスから国民を守るワクチンの管理のためにも、そして不況下高い電力には耐えがたい中小企業や労働者の生活のためにも絶対に必要なことなのだ。日本製が国民を守るためにあらゆる手段を講じてこそ、国民に節電を呼びかける言葉には説得力を持つ。今、電力の確保が必要であること、そのためには、安全管理を保ちつつ原子力発電の再稼働が不可欠なことを宣言し実行することを、日本政府に強く求めたい。

原発事故から11年 寄稿(高田純)

11年前の3月11日に日本最高権力者により引き起こされた福島と日本の悲劇を決して忘れてはいけない。そこで、福島第一発電所の軽水炉事象について、3万8千のツイッターフォロワーさんに向かって、私は11件つぶやいた。

1 何度でもいいます
福島第一原子力発電所で核爆発はありませんでした。
・ 日本の軽水炉の核燃料はウラン235の濃縮度が3~5%と低いので、核 爆発はしません
・ 津波が来るずっと前に核反応は停止していました
・ 建屋の爆発は水素爆発です
2 今日は3月11日 何度でも言います
・ 広島の核爆発で14万人死亡
    熱線・衝撃波・一部放射線で
・ チェルノブイリ黒鉛炉暴走崩壊高線量事故で
    30人が急性死亡 15人の小児が甲状腺がんで死亡
・ 福島軽水炉停止過熱低線量事故で
    急性死亡ゼロ、発がん死ゼロ
    無謀な避難命令で多数死亡
3 菅直人原発テロの真相
3月11日 何度でもいいます!
福島軽水炉停止過熱低線量事故で
  急性死亡ゼロ、発がん死ゼロ
無謀な避難命令で医療弱者70人以上死亡
無益な家畜大量殺処分の犯罪
4 何度でも言います
世界最低の政権だったのが民主党菅直人政権
世界の核災害を調査した科学者として言います
政治のトップがすることではなかった
自国民を死なす エネルギー危機を招く
やったことはテロ行為
5 これだけは言いたい
原子力規制委員会は愚かだ!
規制委員会に政府の役割という観点が欠落している。
委員会は、最高権力者が犯した福島事件の正しい検証をしないまま、
民間電力会社へ原子力緊急事態回避の安全策を丸投げした。
有事に対して政府が最大限の役割を果たす、
当然のことだ。
6 ターサンは何度でも言います
日本は新クリーン産業革命『核・水素』で
世界を先導せよ!
7 自民党は危機感を持った方が良い
今の岸田政権では支持率低下
次の参院選で負けます
エネルギー、国防に関して
日本を守るための、きちっとした柱がない
スパイの大量入国を政府自身が誘導している
ウクライナの次は台湾です
日本は渦中に
8 3.11 何度でもいいます
福島軽水炉事故は低線量で
大きな危険はありませんでした。
私の現地調査で明らかです。
残された牛たちも元気でした。
当地に専門科学者を締め出したのは政府にやましいことがあったからですか?!
政府による家畜の殺処分は正当化する根拠なし
9 3.11 何度でも言います
福島第一軽水炉が崩壊していない証拠写真
地震波検知で自動停止した原子炉の過熱事故
チェルノブイリの黒鉛炉暴走崩壊事故とは全く違います
10 3.11 何度でも言います
チェルノブイリは黒鉛炉暴走崩壊事故=原子炉メルトダウン 
だから高線量
福島は、原子炉自体は存在し崩壊していません
津波前に連鎖反応が停止
だから低線量
11 3.11 何度でも言います
福島で暴走したのは菅直人総理だった!!!
現地作業を妨害したテロリストは菅
その後 全国の原発を停止させた張本人
福島軽水炉は地震波検知で速やかに核分裂連鎖反応停止
それから津波がきた 核反応の暴走無し!
チェルノブイリ黒鉛炉は核反応が暴走した!

 現岸田政権も、エネルギー政策で迷走している。エネルギー自給率がわずか11.8%のなか、原発再稼働に対して責任を取らず、新型原子炉建造でも積極策を打ち出していない。しかもチャイナ製ソーラーパネルの利権がらみで全列島国土破壊になっている太陽光発電所の乱開発を放置する悪政。国民の心配と怒りは、昨年7月に起きたメガソーラーがらみの熱海土石流事件に対する私の追及でツイッターインプレッション数1489万に現れた。岸田総理の自然エネルギー(太陽・風)を主力電源とするのは売国方針なり。

原発事故から11年 寄稿(加瀬英明)

今日も、全面侵攻するロシア軍にウクライナ国民がよく耐えて、抵抗している。ロシアの蛮行に対して深く憤るとともに、勇敢なウクライナ国民を心から励ましたい。
これは天災ではなく、人災だ。
 日本にとってウクライナ危機が、台湾・日本有事の前に起ったのは、天佑神助であったと感じた。私はロシア軍がウクライナに殺到した時に、神々がいまだに日本を見離されていないと思った。
 これで日本は覚醒する。天の神、地祇のたすけだ。もし日本が目覚めることがなければ、天罰が下り、劫火によって焼かれよう。
 独立国家は自主のうえに、成り立っている。他国に安易に、国防、エネルギー、食糧の供給などを依存してはならない。
 平和が尊いと信じる人々は、日本国民の平和と生活を守るために努めなければならない。
 自衛隊は日本を守る最後の楯である。それなのにかかわらず、国民が国防に真剣に配慮することがないために、人員、制度、装備、弾薬量のどれをとっても不十分であって、寒心に耐えない。陸上自衛隊は法律で13万人と定められているのに、2万人も不足している。
 ウクライナ危機によって、石油天然ガスの価格だけでなく、食品価格も高騰している。私はロシアが中東と並ぶ産油国であるために、“雪が降るサウジアラビア”と呼んできた。
ロシアとウクライナを合わせると、世界の小麦の30%、トウモロコシの18%を供給している。気象変動を理由として、ゼロ・カーボン社会をつくる混乱と合いなって、インフレが国民生活を圧迫しよう。
 日本経済の活力を維持するために、自前の信頼できる電力の供給を確保しなければならない。いま、安全な原発の稼働こそ求められている。
 岸田文雄首相には〃戦時宰相〃の気構えを、持ってほしい。

原発事故から11年 寄稿(茂木弘道)

 11年前、大地震とそれに続く福島原発の爆発事故が起こった時には、一体どうなるのかと憂慮したものだ。
 しかし、調べていくうちに、原発の爆発は、「核爆発」ではなく、水素爆発であり、原子炉本体は破壊されてはいないことが分かった。また、水素爆発に伴い飛散した放射線物質の総量も、さほど大きなものではなく、周辺住民を避難させる必要などないことも分かってきた。
 また放射線自体、絶対的な有害物ではなく、人間は放射線なしには生きられないことも分かってきた。人体はカリューム40という放射線物質により4000ベクレル前後の放射線を抱えている。これがなくなると死亡するのだ。要するに、放射線は人間にとって不可欠のものであるが、量が過大であると有害になるということなのだ。
 広島・長崎の被爆者の追跡調査から判明していることがある。100ミリ・シーベルト以下の被爆であると、白血病による死亡率は、近隣の非被爆地の人よりも低いということが明らかとなっている。広島・長崎の被爆された方々に意外と長寿の方が多いというのもなづけるというものだ。
 では、福島ではどうだったのか?
 福島で計測した結果を見ると、100マイクロ・シーベルトを超えているところはほとんどない。つまり、広島・長崎で安全と証明されたレベルの1000分の1のレベルなのだ。高田純札幌医大教授(当時)は、事件後の4月9日に福島第一原発にすぐそばで計測したところ最大で、0.059ミリ・シーベルトであったという。
 つまり、住民を避難させる必要など全くないレベルであったということだ。何よりの証拠は福島の被爆者でただの一人も放射線による死者が出ていないということだ。死者が出たのは、愚かな強制非難のために、入院患者などが過大な負担を強いられた結果であった。
 世界の地上の平均放射線量は2.4ミリシーベルトである。ラムサールでは、260ミリシーベルトである。にもかかわらず、1ミリシーベルトに除染するという非科学的愚行が行われている。今言うべきこと:科学に帰れ!