チェルノブイリの真実は明らかになったのか?(フォーブス記事)

Will the truth about Chernobyl ever come out?

By …

第14回国際放射線防護学会にて、高田先生が福島20km圏内の低線量の調査報告

放射線防護の国際会議=第14会国際放射線防護学会IRPA14が、ケープタウンで本日から始まります。今回はIRPA50周年の記念と重なっています。

およそ150人の線量評価の専門家が集まった会場(核放射線緊急時の放射線の監視と評価のセッション 10 May 13:30~15:00)で、 高田が福島20km圏内の低線量の実際の調査を報告しました。 低線量事実に賛同あっても、反論なし。 福島は国際核事象尺度で6とする私の評価について、議長は賛成を述べました。2011年原子力安全保安院の断定したレベル7は、IRPA14ケープタウン会議で否定されました。

私が福島20km圏内の低線量の真実を報告する、核放射線緊急時の放射線の監視と評価のセッションのプログラムです。2日目火曜日の午後13:30~15:00

開会式 …

がん死亡率「震災後増えず」 震災・原発事故後の健康影響調査

がん死亡率「震災後増えず」 震災・原発事故後の健康影響調査

2016年05月08日 08時00分

震災と原発事故後の南相馬、相馬両市民への健康影響について、相馬中央病院などの研究チームが震災後5年間のがんによる死亡率を調査し、震災前と比べて増加傾向はみられなかったとする結果をまとめた。


モハン・ドス博士がSARIを代表して優秀指導者賞を受賞

モハン・ドス博士がSARIを代表して優秀指導者賞を受賞 2016年3月22日

フィラデルフィア(2016年3月22日) —カナダ医学物理士学会(the Canadian College of Physicists in Medicine)認定医で、低線量放射線がん予防治療主唱者の一人であるフォックスチェイス癌センターのモハン・ドス博士は、マサチューセッツ州アマーストで行われる国際ホルシミス学会(the …

福島応援歌を紹介します「心配ないよ福島は」

唄ってよ君のために,唄ってよ僕のために・・・福島応援歌

心配ないよ福島は 作詞 白石念舟 作曲 立石賢司 唄 田中亜弥 オリジナル 2011 …

雑誌「正論」4月号(3月1日発売)に、中村仁信先生の原稿「強制的避難は不要だった~無駄な除染は即刻中止を」が掲載

雑誌「正論」4月号(3月1日発売)に、中村仁信先生の原稿「強制的避難は不要だった~無駄な除染は即刻中止を」が掲載されております。

福島の復興のため、そして風評被害の払拭のために、ぜひとも多くの方々がお読みくださることをお願いいたします。

講演会紹介 「低線量放射線は怖くない」常識を破る放射線の健康効果

「低線量放射線は怖くない」常識を破る放射線の健康効果

2016年2月9日

低線量放射線はカラダに有益な作用を与えることを研究データ、実証データを使って証明します。

一般社団法人日本放射線ホルミシス協会による、低線量放射線がカラダに与える健康効果についての講演が、2016年3月6日日曜日午後1時30分より、京都府立医科大学 広小路キャンパスにて開催されます。放射線と聞くと「怖い」というイメージがありますが、線量と使い方によってはカラダに有益に働くことを知っていただきたい。低線量の放射線は決して怖いものではなく、有効活用することで健康維持に役立つをことを皆さんに知っていただきたいとの思いで開催いたします。

一般社団法人日本放射線ホルミシス協会(事務局:神戸市長田区日吉町3丁目1-4 TEL:078-647-8919 青山シュタイン株式会社内)は、医師と企業が協力して、講演会、国際シンポジウム、臨床データの作成・蓄積などに関して、会員が医師・研究者を、医師・研究者が会員をサポートしていくことで、ホルミシス療法を世間に正しく広め実践することで、社会の利益と福祉に貢献することを目的に2014年6月に設立されました。そして、この度第7回目の講演として、2016年3月6日日曜日に京都府立医科大学広小路キャンパス(京都市上京区清和院口寺町東入中御霊町410番地)にて、放射線ホルミシス講演会「低線量放射線は怖くない」を開催する運びとなりました。